1万円起業家の世界にようこそ

1万円起業とは?

◎本当に1万円でできるの?

1万円起業とは、読んで字のごとく、資金1万円から始めるマイクロビジネスの方法です。
本書は1500人のマイクロ起業家を徹底調査して、マイクロビジネスを成功させる新しいルールをまとめたものです。実際の起業コストは、下記のグラフの通り。10万円以下の例が70パーセントを占めており、1万円以下だけに限定しても36パーセントです。

スタートは小額でも、ちゃんと食べていけるだけのビジネスをつくった人の方法を集めています。具体的には、年収500万円以上の収入をあげている人たちばかりの例です。

実際の起業コスト お金はいらない!

◎1万円起業に必要なこと

1万円起業には、資格や特別なスキルは必要ありません。短期間の訓練で身に付くことや、多くの場合、ちょっとした趣味を生かして収入に変えています。
つまり、必要なものは、すべてあなたの中にあります。それを引き出しながら、起業に必要な形に変えていくだけでいいのです。そのための考え方、行動の仕方のルールが本書にはそろっています。

ニーズの見つけ方

さらに、穴埋め式の「テンプレート」もあるので、自分に合ったやり方をまとめる手助けになるでしょう。


【テンプレートの例】
・誰でもコンサルタントになれるテンプレート
・A4用紙1枚以内のビジネスプラン
・断れないオファーのつくりかた
・どんなに口ベタな人でもできる売り込みフォーマット
・トラブルのないパートナーシップのための簡易リスト

◎書籍情報

『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』

『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』
クリス・ギレボー[著] 本田直之[監訳]
定価 1400円+税
発売 飛鳥新社

※以下のサイトからご注文いただけます。 amazon

◎プロフィール

クリス・ギレボー Chris Guillebeau

クリス・ギレボー Chris Guillebeau

作家、起業家、トラベラー。オンライン出版から西アフリカでの社会起業に至るまで、さまざまな場所であらゆる形のビジネスを生み出し続ける。35歳になる前に世界中のほとんどすべての国を訪れ、本当に自分が満足できる生活を求める人へ、起業や副業の実用的アドバイスを届けることに情熱を注ぐ。
その集大成である本書はアメリカで熱狂的な支持を受け、ベストセラー作家のダニエル・ピンク、ザッポスのCEOトニー・シェイなど、各界キーパーソンの賛辞も寄せられている。 ウェブサイト chrisguillebeau.com は、毎月30万人が訪問。著書に『常識からはみ出す生き方』(講談社)がある。

本田直之 (ほんだ・なおゆき)

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。東京、ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで生活するデュアルライフを送る。
ベストセラーになったレバレッジシリーズをはじめ、『ノマドライフ』(朝日新聞出版)、『あたらしい働き方』(ダイヤモンド社)など多数の著書があり、その累計は200万部を突破。