飛鳥新社ポピュラーサイエンス

TOPページ>  書籍詳細:わたしたちの体は寄生虫を欲している

新刊 生物

わたしたちの体は寄生虫を欲している

現代人の過剰な清潔信奉に警鐘を鳴らす、驚きの進化論!

わたしたちの体は寄生虫を欲している

リンク先のページからonline書店をお選びください
著者 ロブ・ダン
野中 香方子
瀬名 秀明 序文
ジャンル 心理・哲学・動物・自然科学・遺伝子・脳
シリーズ 飛鳥新社ポピュラーサイエンス
出版年月日 2013/07/24
ISBN 978-4-86410-259-9
判型・ページ数 四六判・上製・296ページ
定価 本体1,700円+税

目次

日本版序文 瀬名秀明

はじめに

第一章 四四〇万年前、私たちの祖先は……
・ヒトの起源から続く自然の支配

第二章 寄生虫は人類に欠かせない最高のパートナー  
・健康になろうとすればするほど、健康を損なう人たち 
・敵が消えても幻影は残る  
・難病を治す奇跡の寄生虫  
・腸は脳より賢い  
・人体に備えつけられた「細菌の家」  

第三章 乳牛に飼い慣らされて
・人間が野生でなくなったとき 

第四章 すでにいない肉食獣から逃げ続ける脳  
・私たちはつい最近まで獲物だった  
・狩猟を始めた人間に起きた変化 
・毒ヘビとサル 
・だれが生きるかという選択 

第五章 人間が体毛を脱ぎ捨てた理由  
・シラミの力はここまで凄い 
・外国人恐怖症が病気を防ぐ

第六章 太古の昔から現在まで、断崖で暮らす私たち  
・捨てた野生を取り戻すために 

訳者あとがき 

内容説明

瀬名秀明氏が劇賞!

「本書の結末は、あなたが想像するようなものではないはずだ。これほど遠くへ連れて行ってくれるポピュラーサイエンス本も珍しいだろう」(日本版序文より)



腸に寄生虫を戻す。街に猛獣を放つ。大都市のビルの壁を農場にする……
無謀な科学者たちの愛すべき実験を通し、「野生」を失った人間にとって理想の生活環境を考える。生物学と環境学が見事に融合した、あたらしい進化論!