飛鳥新社ポピュラーサイエンス

TOPページ>  書籍詳細:ハキリアリ

生物

ハキリアリ 農業を営む奇跡の生物

テレビなどでもおなじみ、地球上で最も人間くさい振る舞いをする昆虫、ハキリアリのすべて。

ハキリアリ

リンク先のページからonline書店をお選びください
著者 エドワード・O・ウィルソン
バート・ヘルドブラー
梶山 あゆみ
ジャンル 心理・哲学・動物・自然科学・遺伝子・脳
シリーズ 飛鳥新社ポピュラーサイエンス
出版年月日 2012/04/18
ISBN 9784864101608
判型・ページ数 4-6・176ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり

目次

 はじめに
 1、究極の超個体
 2、菌類を栽培するアリの進化
 3、ハキリアリの一生
 4、ハキリアリの階級制
 5、植物の収穫
 6、ハキリアリ同士のコミュニケーション
 7、ハキリアリと菌との助け合い
 8、菌栽培における衛生管理
 9、ゴミの管理
 10、略奪アリと寄生アリ
 11、ハキリアリの巣
 12、ハキリアリのつくる道
 訳者あとがき
 用語解説
 参考文献

内容説明

本邦初、オールカラー、見ているだけでも楽しい80点超の写真・イラストを掲載した、
子供向けではないハキリアリの解説本!

切り取った葉で食用キノコを栽培し、2000部屋もある大住居を構え、体の表面で抗生物質まで作り出す。

テレビなどでもおなじみ、ハキリアリの驚くべき生態にピューリッツァー賞作家が迫る!

補足情報

【菌栽培アリの進化の年表】

菌栽培アリの進化の年表

5つの農業形態がいつ頃始まったのかについても推測が示してある。5つの農業形態は5色の色の帯で表されており、栽培される菌の系統の違いによって分類されている。
(T. R. Schultz and S. G. Brady, "Major evolutionary transitions in ant agriculture," Proceedings of the National Academy of Sciences USA 105[14]: 5435-5440 [2008]所収の原図版にテッド・シュルツが修正を加えたもの)

<種族訳>
Mycocepurus=イバラキノコアリ属/Myrmicocrypta=ウロコキノコアリ属/
Apterostigma=クビボソキノコアリ属/Kalathomyrmex=カゴキノコアリ属/
Mycetarotes=セコブキノコアリ属/Mycetosoritis=ゴブガリキノコアリ属/
Cyphomyrmex=ハナビロキノコアリ属/Mycetophylax=ビヨクキノコアリ属/
Mycetagroicus=アバタキノコアリ属/Sericomyrmex=キヌゲキノコアリ属/
Trachymyrmex=アレハダキノコアリ属/Acromyrmex=トガリハキリアリ属/
Pseudoatta=ニセハキリアリ属/Atta=ハキリアリ属