Process-3

小島文美の絵は、細密に感じる部分もありますが、筆跡を残して、大胆に描いている箇所も多いです。原画クローズアップで、原稿の細部をお伝えします。

クローズアップ

目

目尻がキュッと上がった目は、主線が鉛筆でとられ、アップにすると、ラフな線が合わさって出来ていることがわかる。
※「炎雄」【『妖獣界・紅蓮児Ⅰ』菊地秀行/光文社】より

手袋

手袋

黒い革の手袋。指の関節は出っ張るのでハイライトで白くなり、複雑にシワが寄る箇所は、黒~グレーで細かく調子を付けている。
※「炎雄」【『妖獣界・紅蓮児Ⅰ』菊地秀行/光文社】より

百合

百合

百合は白などの色味がザッと塗られ、赤い斑点は絵具を散らしたようなランダムな処理で作られていて印象深い。
※「遍照 Luceat」【『Santa Lilio Sangre』表紙】より

実のある植物

実のある植物

植物は大胆に緑や茶が、筆の跡も残るように塗られ、生き生きとした存在感が刻まれている。
※「遍照 Luceat」【『Santa Lilio Sangre』表紙】より

         

Page top