小岐須雅之画集「PHENOMENON-フェノメノン-」


小岐須雅之
『INTERVIEW』

Vol.3 絵の描き方/絵に対する思い

――――――
小岐須さんは、本当にいろんなもので出来ていますよね。それで思うのが、「季刊エス」で描いてもらっている絵は、いろんな奇妙なエッセンスがいっぱい入っているなあ、と。
小岐須
「エス」は、ある時にイラストレーターを目指している子が読んでいる雑誌だと編集長に聞いたんですよ。その時に「ハッ」となって、じゃあ、お手本にもなるような事を、ちょっと考えなきゃいけないのかな、って思うようになりました。という所から普段仕事で描く絵とは違った角度から描こうと。逆に、そこから僕は提出が遅れてきちゃったんですけどね。「どうしてやろうかなぁ」と思ってるうちに考えている時間が長くなった。まぁ、でも考えても考えた通りには描かないんですけれど(笑)。
――――――
すごく色々な世界観や女の子を描かれてますよね。小岐須さん的に、何か設定や物語は考えているんですか。
小岐須
描く前はいろいろ考えるんすけど、描きながら浮かんでくる感じなんで結局、よくわからない設定になってるんですよ!! 描き始めは自動書記なんで(笑)。例えば女の子を描く時でも、一発描きで色々描いてるうちに、「あ、こんなポーズ取るんだ」とか。「じゃあ、これ持たせちゃおっかな…あ、持たないんだ」とか(笑)。ご機嫌をうかがいながら描く感じ。だから、イラストレーターとしては失格な部分があるかもしれないですねぇ。イラストレーターって、依頼内容にあわせて描く部分も大きい仕事だから。本当に……絵の機嫌が大きいですね。最初に女の子の顔を描くじゃないですか。可愛くなかったりするんですよ。「あれ? 機嫌悪いな、こいつ」って。だからムラのある自分がすごく嫌ですね、未だに。
――――――
小岐須さんは、お気に入りの女の子が出てくるまでに大量のラフを描きますよね。
小岐須
まぁ、褒められたもんじゃないですよ、描けてないってことだから。それに消しゴムを使わないから、顔が決まらないと何枚も描くことになっちゃうんで。
――――――
好きな女の子に振り回されてる、みたいな感じですね。ある種の理想の女の子を描いているってことでしょうか。
小岐須
いや。そうでも無いですよ。なんだろう、よくわかんないっす。
――――――
以前に、お話を聞いて面白いな、と思ったのが、描いていくうちに、紙の端っこの方で良い絵が出てきたら、そこから紙を繋げて貼って、そのまま続きを描いていく、って。
小岐須
「エス」なんか、そんなんいっぱいありますよ。紙の端っこに良いのが描けちゃって、紙足して描き続けているうちに、妙にでかくなっちゃったり……(笑)。で、スキャンする時に、またバラしてスキャナーに入れて、Mac上で組み立てる。事務所のヤツには「これ、B4で描けば良かったじゃん、小岐須くん」って言われて「いや、違うんだよ、偶然に紙の端っこに出てきちゃったんだよ……」って。だから、郵便物の裏やお菓子の箱の裏に描いた絵が一番良い、ということもある(笑)。画集の見返しに印刷した「顔地獄」の中には、お菓子の箱に描いた絵も入ってますよ。息抜きで描いている時に、思わず良いのが出て来たりする。
――――――
なるほど。ちなみに、よく女の子の口元にほくろを描かれてますが、あれはどういう意図で?
小岐須
それは自分のほくろが同じ位置にあるから。ただ、それだけ。気に入った子に、最後のサインみたいな感じでポッて付ける。最初はそのつもりだったんですけれど、ほくろの無い子で気に入ってる子もいるので、今はそうとも限らないんですけど。単純に入れ忘れたり(笑)。
――――――
小岐須さんは作業として、特に好きな工程ってあるんですか。
小岐須
なんだろう。工程っていうか、描き終わって……ずっと自分の絵を見てるのが好きすね。Macの画面上で絵をクリックすると、スライドショーみたいになって絵が動くじゃないですか。それを動かして1時間くらい遊んでます(笑)。「描けたぁ〜!」みたいな。描いている時は入り込んでるんだけど、すごく落ち着いて俯瞰して絵を見ているので、楽しいというのともまた違う。思い通りに常に可愛い子が出てきてくれるわけでも無いし。例えば1ヶ月前に描いた絵と最近描いた絵を重ねると、女の子の目鼻の位置は同じだったりする。なのに、ちょっとした線の違いで、片方は可愛いのに、もう片方は可愛くなかったりするんですよ。画材によっても全然違いますね。
――――――
鉛筆は何種類か使い分けているんですか。
小岐須
ゆっくり描くならHBで、勢いで描くなら2B。メインで2Bを使っていても、細かい線は2Hを使ったり。で、いろんな鉛筆を使った結果、やっぱ三菱のuniっすね。そして消しゴムはレーダーが良いです。紙は結局なんでもいい。ケント紙が一番いいんだけど、高いので。大量に描くのでケント紙を使ってたら金がかかって仕方がない。
――――――
なるほど。あとは小岐須さんと言えば鮮やかな色彩が特徴のひとつだと思うのですが。
小岐須
あれこそ感覚で描いているので、知らないけど、そうなっちゃうんすよ。色を置いてみて違うな、と思ったら、また別の色を置いてみて。それがバシッと決められないから、Macを使ってるんですよ。
――――――
ベタ部分はMacで塗るわけじゃないですか。それをやるようになってから、使う色も変わりました?
小岐須
そうですね。前はそのままアナログで塗っちゃったんで。『ルー=ガルー』とかはそうですね。あの時はマーカーと色鉛筆だったり、部分的にガッシュを使っています。
――――――
先日聞いて面白かったのが、擦筆を塗った後にMacで彩度を上げていくことで、あの独特のニュアンスが出るって、おっしゃってましたよね。
小岐須
それも色々試していて見つかったので、「これだ!」と思って。
――――――
それとMacでベタを置いていく、という併せ技。不思議な質感になりますよね。
小岐須
だから、基本的にはMacも色々ある画材のうちのひとつとして使っている感じです。ムラが出るのが嫌だからMacでベタ塗りしよう、とか。以前はカッティングテープを切り貼りしてムラを解消したりしていました。まぁ、だから決まっているのは鉛筆と擦筆だけですね。ボールペンで描く時も墨で描く時もあるし。あまりにも違う絵を描いちゃうといけないのかな、とも思ってたんだけど、もう、いいや、って。
――――――
でも、確かにいろんな絵は描いているんですけど、基本的には小岐須さんらしい絵というか……。
小岐須
そう言っていただけると嬉しいんですけど。だから絵に関しては、他のことに比べて、ふざけてはいるんだけど、真剣ですよね。
――――――
なんでしょうね。絵を描くために生まれてきたというか……。
小岐須
いやいやいや…そんな大それたもんじゃないですよ!!! 自分なりに描き続けてるだけです。何が出来るか、どんな仕上がりになるかワクワク(!?)しつつ、心血注いで、玉っつーか…魂込めて描いてるんすよ(笑)。そういう絵だけは描こうと思って。この道を選んだからには、楽しいだけでなく、苦しいことも怒りも全部、絵にぶつけなきゃいけないもんだと思ってるので。変な話、魂売るぐらいじゃなきゃ描けないと思うんですよね。そういう絵の方が魅力的な気がして。僕、昔は楽しくなきゃ描きたくない、と思っていたんですよ。そうしないと絵に出るって。でも、そんなこと言ってられないのがプロだし、不安だから描いてる部分もあるじゃないですか。下手になりたくないとか、描いてなかったら、どうなるんだ、とか。だから、いろんなものを削り出して描いてる部分はあるかもしれないですね。
――――――
ちなみに好きな色やモチーフってあるんですか。
小岐須
クワガタも好きだし鳥も好きだし、変な動物を描くのが好きですね。あとは妙なロボットを描くのも好きです。色はビビッドな色が好きです。色弱なので、自分の分かる色が良いですね。青なら青、赤なら赤。でも最近は薄い色を使うのも好きになってきました。まずはMacで、一度ビビッドな色を置いて薄めていかないと、分からなくなるんですけど。でも、やっぱり赤ですかねぇ。自分が着るなら紺だけど、絵で描くなら赤かなぁ。だから下手すると赤ばっか使っちゃうので、気をつけてます。今回の画集の表紙は、一番好きな色にしようと思って、赤い髪の女の子にしたんですけど。
――――――
なるほど。こうしてお話を伺ってくると、自分でどんどん表に出て動いていったことで、今の小岐須雅之がある、という感じがします。以前、小岐須さんが話していて印象的だったのが「外で引きこもって描け」という言葉。常に、たくさん描いてはいるけど、外とも繋がってた、というのも大きかったのかな、って。
小岐須
そんな大したことではないんですけど、外界から遠退いて一つの場所に引きこもり描くのではなくて、その中で描くということが描くことに対しての意欲とかイマジネーションだとかが無意識に頭の中を通り過ぎて行くので、その瞬間を逃さず捕まえやすい気がするんですよ。ただ、何かを追求したり探求するってことは、引きこもらずして成しえないのかなって。それは遠い昔に天照大神が天岩戸にひきこもった時からはじまって、弘法大師は日本の行く末を考えて、今も高野山の大師霊廟にひきこもられてますし、宮本武蔵も、五輪の書を完成するために半生風呂も入らず金峰山の岩穴にひきこもったり、そもそも、日本は鎖国という国規模のひきこもりをしてたわけでなんすけど、僕は外でひきこもって描いていたいんです。外界の雰囲気や光景、空気の匂い、人の感情や繋がりなどなど、興味を持ったことに対して、色々と空想、想像、妄想を繰り返して、わかんないことを調べ倒して、その中で絵を描いてると「らしいモノ」が表現できてきているのかな……と最近、ちょっとだけ思うんです。つーか、未だに、なんでこんな絵になってるんだか自分でもよくわかんないすけどね! あはははっはっは! でも、説明がちゃんとできるようになったら面白くなくなってるのかもしれませんね。
――――――
こうして良いお話を伺えた所で、最後に今後やってみたいことを訊いていいですか?
小岐須
ずっとアニメのキャラクターデザインはやりたいと思ってます。年明けに克也さんにも「オギちゃん、今年は何をやりたいの?」と訊かれて、そう答えたんですけど。
小岐須顔地獄:画集『PHENOMENON-フェノメノン-』の見返しに使用。大量に描かれたラフの女の子をコラージュしている。

小岐須顔地獄:画集『PHENOMENON-フェノメノン-』の見返しに使用。
大量に描かれたラフの女の子をコラージュしている。

季刊エス33号(2010)

季刊エス33号(2010)