夢ゾウ著者全国行脚旅日記

この日記は、2007年の『夢をかなえるゾウ』発売時に、著者の水野敬也が出版社の人間ととともに全国を宣伝行脚した記録です。新しいものがページ上部に来ておりますので、初めての方はPAGE18からお読みください。

PAGE : 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18
日付
タイトル
2007/12/23 00:35:50  仙台行脚!いよいよクリスマスです。


やってきました……









仙台!




そしてなぜか駅前に……








サル!

(北海道ではカエルだったのに……謎は深まるばかりです)




このカエル・サル問題はいずれ解明することにして、
僕たちは仙台最初の書店さんに向かいました。








ジュンク堂仙台店の伊藤さん!
伊藤さんは綺麗な顔とは裏腹にかなり鋭いツッコミ力を持っている方でした!
(サイン本作らせていただいてありがとうございますー!)








丸善仙台アエル店の鈴木さん!
鈴木さんは飛鳥新社の「ベッドタイムストーリー」という本を一番最初に仕掛けて下さった方です!
「夢ゾウも売りますよ!」と言っていただけました!








あゆみBOOKS佐々木さん!
「夢をかなえるゾウをどうぞよろしくお願いします」と頭を下げ、
「今回の全国行脚の中で一番長い時間頭を下げております」
と言いながらにじり寄っていったところ苦笑いされておりました!









紀伊国屋仙台店山口さん!
写真で見ても分かる通り、かなり、大きいです!
ただ、すごく心優しい方で、夢をかなえるゾウを自分用に購入していただけました!








未来屋仙台幸町店の竹井さん!
竹井さんは「夢をかなえるゾウ」を読んでくださっていたみたいで、
僕が訪ねて行くと「あ、あの!」と言ってくださいました。
さらに、たくさんの本の注文くださったので、営業の沼田さんが号泣しておりました!








ブックスミヤギの細川さん!
顔出しがNGということだったので、数時間にもおよぶ説得の末、
「色紙で顔を隠すのであれば」
という折衷案のもと、写真撮影に踏み切っていただけました!



そして書店さんではないですが……







仙台の141と言われる場所のイルミネーション。
写真ではなかなか伝わらないと思いますが、これが相当に綺麗でして、
長旅の影響で、ただでさえ「早く東京に戻りたい……」とホームシックになりかけているのに加えて
街ではこれでもか、というくらいにクリスマス一色です。特に書店回りをしていると、
駅前のデパート付近を歩くことが多いので、クリスマス的なるものに触れる時間が多くなります。

「いよいよクリスマスが攻めてくるなあ」

と心を引き締めた瞬間でした。




ところで、
今日、たまたまラジオで「みんなが選ぶクリスマスソングベストソング」みたいなのが
流れていまして、最終的に1位は、山下達郎の「クリスマス・イブ」でありまして、その他にも
みんなが大好きなB'zの「いつかのメリークリスマス」などが選ばれていたのですが




よくよく考えてみると、どの曲も別れの曲なんですね。




桑田佳祐の白い恋人達も「ひとり泣き濡れた夜に〜」ですからね。




「クリスマス」というイベントには、甘い思いでよりむしろ苦い思い出のある人の方が
断然多いのではないか、そして、クリスマスの苦い思い出にこそ人は共感するのかもしれません。










PAGE : 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18