イントロダクション

200万部突破のベストセラー
      笑って、泣けて、タメになる、自己改革エンタテインメント小説!

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

前作より5年、ガネーシャが再び舞い降りたのは、会社を辞めて、あこがれの世界に飛び込んだ男のところだった。好きなことなら続けられる、好きなことを仕事に、そんな思いを抱きながらも、一向に芽が出ない現実に才能の限界を感じ、ついには心折れかけて…。
そんな主人公にガネーシャは「ある提案」をする。その意外な提案とはーー。

今回のテーマは「お金」について。生きる上で必要不可欠な「お金」の問題に人はどうやって向き合っていけばいいのか?ガネーシャ始め、釈迦や貧乏神といった様々な神様(今回もみな相当やらかしてくれてます)が、そこにひとつの明確な解答を示してくれます。

今、やりたいことはあるけど一歩踏み出そうか迷っている人、そして、どの道に向かえばいいのか分からず行き詰まっている人のための成功エンタテインメント小説。

夢をかなえるゾウ

主人公・僕の目の前に、突然現れたゾウの“ガネーシャ”。

僕が3か月前にインドで購入した置物にそっくりな姿をし、なぜか関西弁で話す、とてつもなく胡散臭い自称“神様”と、成功契約を結んでしまった僕。

ガネーシャは「今から自分が出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する」と言うけれど、はたして……。

すぐにすねるし嘘をつく、甘い物好きでタバコもやめられない、まったく神様らしくない神様・ガネーシャが僕に命じる課題は「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかり。
「本当かよ!?」と思いながらも、課題を一つずつ実践していく僕。これで本当に成功できるのか?

過去の偉人の成功例から導き出される、誰にでも一日単位でできる超実践的な成功習慣を小説に織り込んだ、世界初の成功エンタテイメント!

著者:水野敬也(みずの・けいや)

愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。処女作『ウケる技術』(共著・新潮文庫)がベストセラーに。3作目の著書となる『夢をかなえるゾウ』が200万部を突破。他の著書に『人生はワンチャンス!』『四つ話のクローバー』(ともに文響社)、『雨の日も、晴れ男』(文春文庫)、『大金星』(小学館)など。また、恋愛体育教師・水野愛也としての著作、『「美女と野獣」の野獣になる方法』(文春文庫)、講演DVD『スパルタ恋愛塾』(ポニーキャニオン)やDVD作品『温厚な上司 の怒らせ方』(ビクターエンターテインメント)の企画構成・脚本を手がけるなど、活動は多岐にわたる。


公式ブログ「ウケる日記」
http://ameblo.jp/mizunokeiya/